カードローンは主婦でも利用出来る?

主婦でも、急な出費や旦那に言えない理由でお金が必要になる場合もあるでしょう。

しかし、基本的に消費者金融などでお金を借りることは出来ません。

主婦がお金を借りることの出来る消費者金融が少ない理由は、総量規制と呼ばれるルールがあるためです。

総量規制とは、借り入れ可能な金額は年収の3分の1までと定められたルールの事。

多重債務に関する問題解決の為に定められたものです。

つまり、主婦は年収が0円であるため、総量規制に定められている通り消費者金融でお金を借りる事は出来ません。

しかし、収入がない主婦であってもお金を借りることが出来る方法が、カードローンです。

総量規制対象外のカードローン

主婦におすすめのカードローンは、総量規制対象外というもの。

このタイプのカードローンであれば、収入のない主婦であっても審査を通過する可能性が高いのです。

総量規制対象外であり、主婦でも申し込みが出来るカードローンは銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫のカードローンです。

これらは貸金業ではない金融機関であるため、カードローンの利用条件に主婦は不可としていない場合、総量規制によって借り入れが出来ないという事はありません。

配偶者貸付制度があるカードローン

配偶者貸付制度とは、自身と配偶者(旦那)の年収合計で計算されるカードローンです。

年収の3分の1以内であれば、主婦でも借り入れが可能なカードローンとなっています。

しかし、配偶者の同意書が必要となるため、お金を借りる事が必ず旦那に知られてしまうという方法でもあるのです。

この様に、主婦でも利用出来るカードローンもあります。

利用したい状況に応じて、どのカードローンを利用するかを検討してみてくださいね。